1/3

【新刊書】あいたくて ききたくて 旅にでる

¥2,970 tax included

the last one

*Earliest delivery date is 2/6(Mon) (may require more days depending on delivery address).

Shipping fee is not included. More information.

第7回鉄犬ヘテロトピア文学賞 受賞。
http://www.sunnyboybooks.jp/the-final-irondog-heterotopia-iteraryprize/
~2020/10 補記~

児童文学書の翻訳などの活動と並行して、地域のお話を聞き取ってこられた方と、仙台メディアテークの活動が結びついて生まれた一冊。

オーラル・ヒストリーでもなく、聞き取り調査でもない、「民話採訪」という言葉が著者の思いを伝えてきます。

その思いをいかにして紙面で伝えるか。
編集や写真、デザインのあちこちに工夫をこらし、印刷技術も駆使されています。詳細は https://www.pumpquakes.info/aitakute で。
ぜひ手に取って見てほしい1冊です。

著者:小野和子
編集:清水チナツ
写真:志賀理江子
発行所:PUMP QUAKES
出版年:2019年初版

#民話 # #東北 #宮城 #仙台 #みやぎ民話の会 #語り #仙台メディアテーク
#在庫 #新刊書
#古本屋 #本屋
#stayhome #KeepDistance #咳エチケット #手洗い #withコロナ
#本のそばで
#本好きな人と繋がりたい #本が好き
#歴史 #日本史 #民俗
#日本人を読書がすくう
#読書
#読書好きさんとつながりたい
#居場所 づくり中
#図書室 併設予定
#book #bookshop #BASE #webshop #BASEec

Add to Like via app

第7回 ヘテロトピア文学賞 受賞!

目次

はじめに

第一部
オシンコウ二皿ください
石のようになった人
わたしの「友だち」
かのさんのカロ
はるさんのクロカゲ
ひと山越えても鹿おらん
エゾと呼ばれた人たち
みはるさんの『冬の夜ばなし』

第二部
寂莫ということ
「捨てる」ということ
母なるもの、子なるもの
「現代の民話」について
みんなみんな、ほんとうのこと
一粒の豆を握る・一粒の豆を見失う
「ふしぎ」の根をさがす
山の民について―猿鉄砲のむかし
浜で出会った人たち
ゆめのゆめのサーカス

寄稿
濱口竜介 / 瀬尾夏美 / 志賀理江子

あとがき
編集後記
小野和子年譜

  • Reviews

    (7)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,970 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品